実行委員長ご挨拶

第12回ジャパン エンドバスキュラー シンポジウム (JES2017)を、本年8月23日(水)・24日(木)に例年通り弊学講堂におきまして開催する予定で鋭意準備を進めております。

2012年にライブでの死亡事例を受け過去3回はライブ手術は施行せず、「賢者は歴史に学ぶ」をテーマとし、ライブでは学べない合併症症例を中心としたビデオライブをJESの柱としてきましたが、昨年の8月24日・25日開催の第11回JESは、皆様のご要望にお応えして4年ぶりにライブ手術を復活させ、大過なく無事終了することができました。先生におかれましても当日運営にご協力を頂き、心より御礼申し上げます。

例年以上に緊張感をもって迎えた第11回JESですが、ありがたいことに1000名近い参加者を得ました。7割以上が複数回JESに参加の医師たちで、3割はライブ手術への期待の高さを反映して初めての参加者でした。今回は、例年行っている記名式のアンケートに加え、メイン会場である3階大講堂で、アナライザーを用いて症例ごと、発表ごとにアンケートをとりましたがありがたいことに全てのライブ手術で95%以上の参加者が参考になった、あるいは有意義であったと回答を頂きました。またJESの会全体としても、1名を除くすべての人が有意義であったと回答を頂きました。さらに記名式のアンケートにも、ライブ手術復活を望んでくださっていた思いが伝わるコメントを多数頂き、ライブ手術の教育効果の高さが参加者の声からも改めて証明されたと感じる次第です。第11回JESではわずかに6例のライブ手術でしたが、2006年、まだ私が米国在住中に手探りで発足させた第1回JESや、朝から晩まで計20例前後のライブ手術を供覧したその後のJESより、あらゆる意味で大変でした。当日を迎えるまで学内外の様々な障壁がありましたが、なんとか乗り越えることができましたのも皆様の温かいご支援、お力添えを頂いた賜物であると思っております。

血管内治療が普及・定着した事に伴い解決すべき新たな問題も出現しておりますし、イノベーションが止まる事はありません。さらに、アンケートで得られた皆様からのありがたいお声も念頭に関係各位と慎重に検討を重ねました結果、これまで築き上げた血管病を扱う各診療科の皆さまとのご縁を大切に、意見交換、情報発信の場として第12回JESも開催させて頂きたいと願っています。今回もライブ実施を目指し、プログラム内容もより充実するよう準備をすすめ「晩夏の風物詩」を継続させていく所存であります。

第12回JESもより多くの皆様が忙しいスケジュールの合間にJESに参加してよかったと思ってくださるような会にすべく慈恵医大血管外科スタッフ一同願っております。

JES2017 実行委員会 実行委員長
大木 隆生

東京慈恵会医科大学 外科学講座

統括責任者・血管外科教授

JES 2016 会期

2017年 8月23日(水),24日(木)

会場

東京慈恵会医科大学 大学1号館

所在地:〒105-8461 東京都港区西新橋3-25-8

主催

Japan Endovascular Symposium研究会

http://www.japanendovascular.com/

実行委員長

大木 隆生

Takao Ohki,MD
東京慈恵会医科大学 血管外科
Division of Vascular and Endovascular Surgery
Albert Einstein College of Medicine
New York, USA

世話人

古森 公浩、横井 宏佳、大木 隆生

お問合せ先

JES運営事務局

株式会社 エヌ・プラクティス 内

所在地:
〒541-0046
大阪市中央区平野町1-8-13平野町 八千代ビル 7F
電 話:
06-6203-6731
FAX:
06-6203-6730
Email :
jes-info@n-practice.co.jp

News !

2017年2月20日
大木実行委員長のご挨拶を公開しました。
2016年12月22日
JES2017の会期が決定致しました。
会期:2017年8月23日(水)・24日(木)
会場:東京慈恵会医科大学 大学1号館


DVDのご案内。JES2009〜2011のDVD申込み用紙(PDF)。